第106回テクノラボツアー「最新『フロー合成プロセス技術』の紹介」

【日  時】 平成29年5月19日(金) 13:10~17:40(17:40から交流会)
【場  所】 大阪府立大学 中百舌鳥キャンパス 工学大会議室(B4棟W103室)
【定  員】 50名
【主  催】 大阪府立大学産官学共同研究会、マイクロリアクターシステム研究所
【協  賛】 大阪府立大学研究支援機構・21世紀科学研究センター、大阪商工会議所、堺商工会議所、化学工学会関西支部

プログラム

12:55~13:10受付(工学大会議室入口付近)
13:10~13:15挨拶
武藤 明徳(マイクロリアクタ―システム研究所所長、工学研究科 化学工学分野 教授)
13:15~13:40講演Ⅰ『連続フロー合成プロセスのための分離用マイクロリアクターの開発』
武藤 明徳(工学研究科 化学工学分野 教授)
13:40~14:05講演Ⅱ『光化学反応におけるフローリアクター利用:概要と有機半導体の合成例』
池田 浩(工学研究科 応用化学分野 教授)
14:05~14:30講演Ⅲ『フラッシュ光フロー反応による物質創製』
柳 日馨(21世紀科学研究機構 特任教授)
14:30~14:55講演Ⅳ『固定化フローリアクターを用いた連続フロー合成』
福山 高英(理学系研究科 分子系 准教授)
14:55~15:05休憩
15:05~15:30講演Ⅴ『キャピラリーアレイ型マイクロ分析デバイスの開発』
久本 秀明(工学研究科 応用化学分野 教授)
15:30~15:55講演Ⅵ『フロー合成のための環境調和性に配慮した複素環合成法の開発』
谷森 紳治(生命環境科学研究科 応用生命科学専攻 教授)
15:55~16:20講演Ⅶ『究極化学に向けた極微量フロー制御と計測』
許 岩(工学研究科 化学工学分野 准教授)
16:20~16:45講演Ⅷ『フローケミストリー先進地を目指して』
森 一 氏(和歌山県工業技術センター 化学産業部 主任研究員)
16:45~17:10講演Ⅸ『スラグ流れにおける液滴合一操作と液滴内混合機構』
松山 一雄 氏(花王株式会社 加工・プロセス開発研究所 主席研究員)
17:10~17:40質疑応答・アンケート記入
17:40~19:10 交流会

◆ 参 加 費:

講演会は主催団体・協力団体の会員・企業は無料、それ以外は3,000円
※参加費は当日申し受けます。

◆ 申込方法:

参加申込書に必要事項をご明記のうえ、FAX、E-mail あるいは郵送によりお知らせ下さい。
また、お問い合わせフォームからのお申し込みはこちらからお願いいたします。

◆ 申込締切:平成29年5月16日(火)

◆ 申 込 先:

〒599-8531 堺市中区学園町1-1
大阪府立大学大学院工学研究科リエゾンオフィス内
大阪府立大学産官学共同研究会事務局
TEL:072-254-7947/ FAX:072-254-9903(4/1より、FAX番号変更となりました)
E-mail:eng-ro@iao.osakafu-u.ac.jp

◆ 交  通:

地下鉄御堂筋線なかもず駅5番出口・南海高野線中百舌鳥駅下車 南東へ徒歩約15分

第106回テクノラボツアー20170519 ← 詳しくはこちらのご案内をご覧下さい。(PDF)