第110回テクノラボツアー「未来社会に貢献する高機能有機・高分子材料の開発」

【日  時】 平成30年2月23日(金) 13:00~17:30(17:30からポスター発表・交流会)
【場  所】 大阪府立大学 中百舌鳥キャンパス 工学大会議室(B4棟W103室)他
【定  員】 50名
【主  催】 大阪府立大学産官学共同研究会
【共  催】 大阪府立大学分子エレクトロニックデバイス研究所、 機能性有機材料開発研究センター
【協  力】 大阪府立大学研究推進機構・21世紀科学研究センター、 大阪商工会議所、堺商工会議所
【協  賛】 一般社団法人色材協会、一般社団法人近畿化学協会有機機能色素部会、同エレクトロニクス部会、日本接着学会関西支部

プログラム

12:30~13:00受付
13:00~13:05挨拶
応用化学分野 教授 松本 章一
13:05~13:30講演1「高機能透明ポリマー材料および接着材料の設計」
応用化学分野 教授 松本 章一
13:30~13:55講演2「機能性材料含有ポリマーを用いるフォトニック結晶センサー」
応用化学分野 准教授 遠藤 達郎
13:55~14:20講演3「共役系フォルダマーのらせん形成およびその不斉誘起とダイナミクス」
応用化学分野 助教 太田 英輔
14:20~14:45講演4「o-フェニルフェノールグリシジルエーテルによるエポキシ樹脂の改質」
阪本薬品工業株式会社 研究所 宮路 由紀子
14:45~15:10講演5「日本触媒の機能性ポリマーの開発と企業化」
株式会社 日本触媒 経営企画室 開発部 上田 賢一
15:10~15:30休憩
15:30~15:55講演6「励起子相互作用の精密制御に基づく近赤外吸収色素の新設計戦略」
応用化学分野 准教授 前田 壮志
15:55~16:20講演7「環境にやさしい酸化反応を利用したトリアリールメタン青色色素の合成」
応用化学分野 准教授 野元 昭宏
16:20~16:45講演8「産業分野で活躍する高耐熱機能性色素の開発」
富士フィルム株式会社 有機合成化学研究所 佐々木 大輔
16:45~17:10講演9「山本化成の近赤外線吸収色素」
山本化成株式会社 研究開発部 佐々木 浩之
17:10~17:30質疑応答・アンケート記入
17:30~19:00交流会・ポスター発表(15件)
①「溶液塗布法に適用可能なチオフェン縮環有機半導体材料の開発」
②「カルバゾールをドナー基とする分子内電荷移動型D‒π‒A発色団の発光特性」
③「非ドープ型OLEDを指向した新規りん光性ジピリドフェナジン白金(II)錯体の開発」
④「かさ高いアルコキシ基を補助配位子に付与した赤色りん光性イリジウム(III)錯体の発光特性」
⑤「ホスフィンスルフィド部位を有するりん光性イリジウム(III)錯体の合成と発光特性」
⑥「分子内励起子カップリングを示す2発色団型スクアレン色素の光学特性」
⑦「蛍光灯下で働く色素増感型太陽電池に利用可能なスクアレン系増感剤の開発」
⑧「重金属イオンの固定化が可能なジチオカルボン酸誘導体の合成と除去能評価」
⑨「マルトトリオース糖鎖を有するクロリン誘導体の金属導入と活性酸素発生に基づく発光減少」
⑩「環境にやさしい酸化反応系に基づくイミン誘導体の合成と青色色素製造への応用」
⑪「アニオン性ポリアクリルアミドゲルを用いた短時間生体組織透明化プロセスの開発」
⑫「エポキシモノリスの異種材料接合への応用」
⑬「マレイミド/スチレン/アクリル酸エステル3元共重合体の合成とフィルム特性評価」
⑭「シークエンス制御した剛直ポリフマル酸エステルの粘弾性および光学特性」
⑮「応用化学分野の研究グループと研究紹介」

◆ 参 加 費:

講演会は主催・共催・協力協賛団体の会員・企業の方は無料、それ以外よりご参加の方は3,000円が必要です。
※参加費は当日申し受けます。

◆ 申込方法:

参加申込書に必要事項をご明記のうえ、FAX、E-mail あるいは郵送によりお知らせ下さい。
また、お問い合わせフォームからのお申し込みはこちらからお願いいたします。

◆ 申込締切:平成30年2月19(月)

◆ 申 込 先:

〒599-8531 堺市中区学園町1-1
大阪府立大学大学院工学研究科リエゾンオフィス内
大阪府立大学産官学共同研究会事務局
TEL:072-254-7947/ FAX:072-254-9903
E-mail:eng-ro@iao.osakafu-u.ac.jp

◆ 交  通:

地下鉄御堂筋線なかもず駅5番出口・南海高野線中百舌鳥駅下車 南東へ徒歩約15分

第110回テクノラボツアー ← 詳しくはこちらのご案内をご覧下さい。(PDF)





過去のテクノラボツアーについてはこちらのリストをご覧ください。